目の下のたるみに効くあの方法とは・・

MENU

目の下のたるみを改善したい!今人気のコスメは本物か?

女性を老け顔に見せる、にっくき目の下のたるみ!

 

目の下のたるみ

 

かわいいと言われていた涙袋も今ではただのたるみ・・
そんな目の下のたるみに悩んでいる女性必見!

 

 

何といっても、老け顔に見えるかどうかの重要な鍵を握るのは目ですからね(>_<)
目の下のたるみを改善して、イキイキとした目になって老け顔にサヨナラしませんか?

 

※参考
今 愛用者がどんどん増えている人気の集中型コスメ

 

目の下のたるみを改善する方法

 

肌のお手入れ・・というとマッサージが思い浮かびますが、目の周りの皮膚はお肌の中でもとても薄い場所です。力を入れ過ぎてしまうと逆効果でシワやたるみが増えてしまうことにもなりかねません(泣)

 

 

お手入れ方法は「丁寧に優しく」が基本ですよ^^
それでは、目の下のたるみを改善する方法を見てみましょう。

 

ツボ押しで改善!

 

taruminotubo

 

救後(きゅうご)

目尻の斜め下の骨のくぼみ辺りにあるツボです。

 

目の下のたるみや小じわに効果のあるツボで、
目頭から人差し指の腹で救後に向かって滑らせます。

 

必ず救後を通って目尻に向かい、軽くポンと弾くように押すというのを5回繰り返します。

 

承泣(しょうきゅう)

目の下にある骨の上側にあるツボで、目の下のたるみとむくみに効果があります。

 

目を閉じて承泣部分に人差し指の腹を当てて、骨の上側を下に押します。
が!目の周りの皮膚は非常に薄いので、強く押すと逆効果になります。

 

物足りないぐらいの力でちょうどいいですよ。

 

太陽(たいよう)

『眼医者殺し』という異名を持つツボです。

 

目の下のたるみはもちろん、老眼や偏頭痛にも効果があるのです。
場所は眉毛とこめかみの間です。親指の腹で左右同時に押すように軽く揉むのですが、残りの4本の指で頭を支えます。ここは強めの「痛気持ちいい」くらいの力で30回程繰り返しましょう。

 

 

化粧水で水分補給

 

年齢と共に減少したコラーゲンやエラスチンを復活させてあげる為に、水分補給をしてあげましょう。しかし何でもいい訳ではありません。

 

表皮の下の真皮に水分補給をしないと無意味なので、次の成分が含まれているかチェックして下さいね。

 

 

保湿成分(セラミドなど)

保湿が最も優れているのがセラミドなどの細胞間脂質の保湿成分です。

 

コラーゲンやエラスチンもそうなのですが、本当に真皮まで届く商品は限られています。
ですからセラミドを選ぶのがいちばん無難かと思われます。

 

抗酸化成分

アスタキサンチン・ポリフェノール・フラーレンなどが有名ですね。
体内に増えた活性酸素に対抗し、体の老化を防止してくれます。

 

目の下のたるみも老化のひとつですから、効果がありますよ。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に吸収されやすい形に変えたものです。
保湿効果・抗酸化効果・美白効果があります。

 

ナイアシン

肌の代謝を活発にし、肌にハリを戻してくれます。
低刺激なので肌の弱い人には嬉しいですよね。

 

レチノール

ビタミンAの一種で真皮のコラーゲンを増やすという素敵な効果があります。
レチノールが含まれている化粧水は、かなり効果が期待できるでしょう。

 

AHA

ピーリングとして有名ですが、肌の代謝を活発にして真皮のコラーゲンを強化します。

 

※参考
気になる所にピンポイントでケアするから、効果も早いと人気に
↓ ↓ ↓

 

 

たるみ改善のエクササイズ

 

たるむというのは、やはり筋肉の衰えがあるからでしょう。
目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛えてあげると、目の下のたるみもかなり改善されるでしょう♪

 

ウィンク
簡単(^^♪左右交互にウィンクするだけで眼輪筋は鍛えられます。

 

ピース
人差し指と中指でピースサインを作ります。
中指の腹を目頭・人差し指の腹を目尻に軽く当て、そのまま目を細めた状態にして黒目をできるだけ上にあげます。ほぼ白目になるようにしたまま10秒程キープします。

 

眉上げ
まずは姿勢を正しましょう!
体をしっかり正面に向けて、限界まで目を細めます。
そのまま自然な呼吸をしながら眉を引き上げ、10秒程キープしてからゆっくりと元に戻します。

 

私もやってみてウィンクは問題なかったのですが、ピースと眉上げは辛かったです。
2〜3日、軽い筋肉痛のようなものに襲われました(;^ω^)どれだけ使っていないんだ。。

 

ウインクでエクササイズ

 

どうして目の下がたるむの?

 

目の下には眼窩脂肪という脂肪があります。

 

若い時からもあるのですが眼輪筋が衰える事で筋肉が脂肪に変わるので、眼窩脂肪は段々大きくなっていきます。その重さに耐えられず、目の下のたるみとなるのです。

 

年齢がいくと、皆さん「ため目」になると思いませんか?
これって、まぶたの皮膚がたるんで被さってしまうからなんですね。。

 

 

またコラーゲンやエラスチンの減少で肌のハリがなくなり、眼球を支える力が足りずに目の下がたるむのです。

 

 

目の下のたるみが改善されるだけで、顏の印象はかなり変わりますよ!
目の下のたるみが気になりつつも、もう歳だからと諦めないで下さい(/ω\)

 

ほんの少しの努力で目の下のたるみは改善され、明るく元気な印象になりますよ♪

 

※参考
今 愛用者がどんどん増えている人気の集中型コスメ

 

ケアって、毎日の積み重ねで差がでるんですね(>_<)
目元ケアは、その部位にあった専用のコスメを使うことが、効率がいいと実感しました。