目の下のしわやタルミの原因はコレだった!

MENU

目の下のしわやたるみを無くして若々しい印象にしよう!

40歳前後から、目の下のしわやたるみが気になってきた・・
という人は多いのではないかと思います。

 

しわやたるみの原因は、老化です。

 

老化がすすむにつれて、
皮膚の下にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少し表皮に凹みができ、たるんでしまいます。
目の周りの皮膚は薄くて、皮膚の衰えが目立ちやすい場所です。

 

老化に加え、紫外線UV-A波を浴びたことにより、
コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞が傷つけられてしまうことも原因の1つです。

 

また、目の周りの筋肉の衰えによって更にたるんで見えてしまいます。

 

筋力の他にも、眼球を支えているじん帯が弱り、
眼球の重みで目の下に脂肪が突き出してしまい、たるんで見えてしまいます。
たるみができると、その下が凹み、黒いクマになってしまい、更に老けて見えてしまいます。

 

 

しわやたるみの改善方法

 

目の下のしわやたるみを改善するには、
顔全体の筋肉をほぐし、エクササイズをして、表皮に水分を与えることが有効です。

 

顔の筋肉を意識してエクササイズすると、
眼球をしっかりと支えることができ、血流やリンパの流れがスムーズになって、しわやたるみが軽減されます。

 

 

★目の周りの筋肉のエクササイズ

 

・下まぶたで目を閉じるように、ゆっくり目を細める。
・目を閉じた状態で、ゆっくりと眉毛を上に上げて、ゆっくりと元に戻す。
・目をぎゅーっと閉じて、パッと開く。

 

顔の筋肉はつながっているので、無理に伸ばしたり、
集中して鍛えすぎると、逆にしわの原因になってしまうので注意してエクササイズをしましょう。

 

エクササイズに加え、皮膚の乾燥を防ぎ、
水分を肌に補給することで、失われたハリや弾力を改善させます。

 

コラーゲンやエラスチンを作り出すのに、
レチノール成分の入ったクリームを塗ると良いといわれています。
また、体の内側からコラーゲンを増やせるように、コラーゲンサプリメントを飲む、ビタミンC、良質なタンパク質を摂取しましょう。

 

 

★コラーゲンを摂取できる食べも物・・・
鶏皮、手羽先、豚足、牛すじ、フカヒレ、魚の皮、うなぎ、ゼラチン、ゼリー、プリンなど
コラーゲンを含む食べ物は、高カロリーの物が多いので気をつけて、適量を摂取しましょう。

 

★ビタミンCが多く摂取できる食べ物・・・
レモン、アセロラ、パセリ、ブロッコリー、赤ピーマンなど
ビタミンCは、体外に排出されやすいので、定期的に摂取することが望ましいです。

 

★良質なタンパク質を摂取できる食べ物・・・
卵、牛乳、大豆、納豆、サーモン、いわし、しじみ、あさり、鳥むね肉、うなぎ、たい、チーズ、など
タンパク質を多く含む食べ物はたくさんありますが、アミノ酸に分解されやすい、良質なタンパク質を毎日摂取しましょう。

 

目の下のしわにマッサージは効果的なのか?

 

しわやたるみに対してのマッサージの効果は、あまり期待できないといわれています。
顔の皮膚は、わずか0、1?0、3mと薄く、力を入れてマッサージすると、肌細胞を傷つけてしまい、逆効果になってしまいます。

 

 

マッサージをする場合は、クリームやゲルなどを使って、
手のはらで力を入れずに優しく行うことが大切です。

 

マッサージの効果は、血流やリンパの流れを良くして、
キレイな肌を作ることに繋がりますが、血流が良くなるのは一時的です。

 

セルフケアをする場合、目の周りにはマッサージよりも、
軽くツボを押して血流を良くする方が、効果が期待できそうです。優しい力でゆっくり押してみましょう。

 

 

承泣)しょうきゅう・・・瞳の真下の骨の上にあるツボ
太陽)たいよう・・・こめかみから、少し目尻側にあるツボ
四白)しはく・・・瞳の真下の骨から、指1本分下にあるくぼみにあるツボ

 

 

⇒ シワが隠せるのにナチュラルに見えるファンデーションとは?!