「SPF50+・PA+++」でも肌に優しい日焼け止めの秘密を解析

MENU

紫外線と日焼け止め

暖かな陽射しは、気持ちもほっこりと和みますが・・・ 紫外線は肌に大敵!

 

紫外線の肌へのダメージは、女性だけではなく、老若男女問わず皮膚がんなどの影響は深刻になっていますね。
そういう面からも、日焼け止めの選び方についても関心を持っている若い女性が増加しています。

 

日焼けをすることによって、デリケートな肌を傷めてしまったり、ファッションセンスにも大きくかかわってくることから、しっかりと対策を立てることが勧められています。
インターネット上ではいろいろな日焼け止めに対する情報交換が行われていますが、中でもSPFやPAなどの数値にこだわることが一般的となりつつありますね。

 

こうした数値は紫外線に対する抵抗を指しており、
高ければ高いほど日焼け止めの効果が強いとされています。インターネット上の通販サイトなどでは強い効果のある商品が多数取り扱われており、積極的に商品の選び方にこだわることが勧められています。

 

インターネットユーザーの女性の間ではSPFやPAなどに関する情報が好まれており、ファッション雑誌や美容雑誌などからの情報をある程度把握しようとする人が目立っています。
日焼け止めによっては十分に効果が現れなかったり、肌を余計に傷めてしまうこともあるため、何よりも地肌に適したものの見極め方が重要とされています。

 

今後も、日焼け止めを買い求める女性の数がさらに増加してゆくことが見込まれています。


紫外線対策がシワ対策にも?!

保湿は大切

農業をしている父は、毎日体を動かしているせいか、同じ様な年齢の方よりもとても元気で健康そのものです。

 

でも、毎日紫外線を浴びているためか、顔には深い皺が刻まれています。
肌の表面も硬くなっている感じ(^^;   シミなのか色黒なのか分からないくらい・・

 

日常に紫外線をあびるだけでも、肌の乾燥はそうとうなものです。
ちょっとした外出や、お洗濯干しでさえも、ちゃんと日焼け止めを使って、シワやシミを防ぐ事を意識した方がよさそうです。

 

紫外線を浴びて乾燥した肌は、化粧水をたっぷり塗っても肌へのなじみがあまりよくないのですよね。
ファンデーションを塗ると、肌に密着しないのがわかります。

 

乾燥した肌は、シワやたるみのもとでもあります。
年齢を重ねると肌の代謝も落ちてくるので、肌のくすみも増すという・・なんとも言えない状況になってしまいます。
ありがたい太陽の光ではありますが、健康と美容の為にも、紫外線の浴び過ぎには注意しましょう!